でぐれない

全てのデスマーチを生まれる前に消し去りたい

エンジニアが「働き方」で困ったときに読む本を読んだ


f:id:err-n:20210410081920j:image

この先、エンジニアを続けていけるのかな?という不安があったので

困ったときなのかしら?ってことで、読んでみた。

 

序盤で働き方改革の概要とか変わったところなんかに触れてるのが良かったよ〜

まあ、内容は把握してたけど。

 

比較的自分の権利はちゃんと確認しておきたいタイプだから、就業規則も暇なときにわりと見てるし、会社もコンプラ的なところはちょくちょく勉強させるから、実際に働いてるとこの本に書かれてる内容くらいは頭に入ってて当然なんじゃないかと…

 

SESやってたら、派遣と請負の違いは必修だと思うし

請負なら発注者の指揮命令権はなくて、完成責任と瑕疵担保責任があって

準委任は発注者の指揮命令権はなくて、完成責任と瑕疵担保責任はなくて、

派遣契約は指揮命令権はあって、完成責任と瑕疵担保責任はない

ってところは必ずおさえてないとね。

 

それ以外も入社や退社についてなんかは、意識した時に確認してるものよね。

 

エンジニアはハラスメント起こしがちとか、メンタル不全が多いとか、うるせえ〜ってかんじだったよ!

あまり根拠はないと思うんだよ!

 

2020年1月に発行されてるけど、これからの働き方のトレンドとして最初にリモートワークをあげてる点は感心した

コロナ前からするとびっくりするほどリモートワークが普及したよね〜

 

この本を読むべきなのは、はじめて働くくらいの人かな。

浅く広く全般的に働くにあたって関係のある法律のことを知るには良いと思った。

個別の悩みごと、困りごとまではほりさがってないと思うからそういうのは相談するしかないなー

産休育休についても記載はあるけど、社内の規約のこともあるから自分の場合どうしたらいいかはやっぱりカバーされてないなっていうのが読んだ印象。

 

まあさらっとおさらい的なかんじでしばらく会社を離れる身としては読んでよかった。

仕事が本当に本当にいやなまま産休突入して大丈夫なの?

何がどうして不安なのかわからない状態がいちばん不安になるよね

不安って明確に言葉にしてしまうと、より不安になるよね


f:id:err-n:20210329150751j:image

元々仕事は好きだったんです、楽しかったんです

それが昨年からどうもPMと合わず、どんどん苦手になり、

やめたいなーと思い始め

妊娠初期の落ち込みで仕事がつらくてつらくて仕方なくなった

 

今は妊娠初期ほどの落ち込みはなくなったけど、

あの時のあの上司の対応一生恨む…

あの時となりにいたあの人もう絶対関わりたくない…

みたいな感情は消えないし、

仕事がつらいという気持ちは継続してる

 

今も仕事がしんどいと胃がキリキリするし、眠れなくなる、頻尿も妊娠のせいかと思ったらストレスあるときのがひどい。

これがつまり心理的安全性が低い状態ってことよね、なるほどね。勉強になりました。

 

それにしても、産休入ったら仕事に関する勉強しとかなきゃって思ってたのもどうでもよくなってくる

しばらくは仕事のこと忘れて、安心して生活したいよ

 

何をそんなに不安になってるのかというと、

仕事に復帰すること

これほど仕事に対してネガティブな感情でいるのに、仕事復帰のためにがんばって保活する?

それは気持ち的にきつすぎない?

ってところで、なんか先回りしてつらい気持ちなのよ。

 

頭使ったりがんばったりしなくて、仕事にさくっと戻れたらいいんだけど

それに私は出産後まるっと生活が変わるし、仕事するにも色々考えなきゃいけないと不安になるのに、夫はそれほど今までと生活は変わらないつもりでいるのもなんだか男女で負荷が違って嫌なかんじ

 

夫婦のことはふたりで歩み寄ったり、少しずつすり合わせていきたいところだし、どうにかなるとは思うんだけど意識の違いがちょっとつらいときもある

 

とりあえず仕事のことは…しばらく考えるのやめておこうかね

不安が増幅するだけなので。

図書館、最高じゃん

もう少ししたら産休…!

ってことで、気温も暖かくなってきたし、桜咲きはじめて春だねーって晴れ晴れした気持ちで過ごしてる
f:id:err-n:20210322141358j:image

でも産休でたくさん休むけどやることなくない?

そして我が家では夫が在宅勤務中。

部屋が分かれているわけでもないので、休みだからといって家でのびのびごろごろ過ごすには

ちょっと居心地が悪い。

 

とりあえず、本くらいは読みたいかなと思い調べてみると、歩ける距離に図書館があることがわかったので散歩ついでに行ってみることにしたよ

 

図書館、いいところだった

思ったより人がたくさんいたので入り浸るには少しためらうけど、新しい本もたくさんあって楽しかった

本借りてきて、カフェでのんびりする

とかもありかも。

図書館もすいてる時ならゆっくりさせてもらおう。

 

出産や育児のこと

改めて見直したい家事(掃除や収納、料理)のこと

少しくらいはキャリアや技術のこと

あとは興味の向くままに

色々借りてきて読んでみたいと思った

 

まずは下見ってことで、主に家事の本などいくつか借りてきたよ。

子供がどうなってほしいか、どういう環境で育ってほしいかを考えると

それはつまり自分がどうあるべきかどうすべきかってことを考えることになるよね

じっくり向き合って考えないとな。

 

産休のおともにあってよかった図書館〜

ありがたや〜〜〜

 

 

 

 

 

正しいものを作っているか不安になって「正しいものを正しくつくる」を読んだよ

タイトルがかっこいいよねー強いよねー

好き

現場で見てるとまわりが少しそわそわする本



f:id:err-n:20210318230236j:image

 

一言感想

「私には早すぎた」

お疲れ様でした!終了〜

 

この感想、覚えがあって…「エンジニアリング組織論への招待」以来ですね。

この時も、わからん!難しい!早すぎた!!

ってかんじでまともな感想が書けてないね。

でも面白かったんだよ。自分的には一番好きな技術書。エンジニアリング組織論への招待


f:id:err-n:20210318234334j:image

早すぎたと思うのは、今まで経験を知識で補完するためにやったことやできた内容の本を読んでいたからだと思うんだよね。

復習して経験したことを知識として定着させたい、みたいな。

それに対して予習ってかんじで未知の壁などを先取って読んでいるから、ピンとこない。

ただ、こういう話あったよな〜くらいは残ってるのでたまに読み返したりってこともある。

 

なんでこの「正しいものを正しくつくる」が予習になるかというと、

アジャイル開発をしたことがないから。

この本、前提はアジャイル開発をやっていることで、その難しさやうまくいかなさに対しての対策が主なところなんだよね。

それから、上流をほとんどやっていないから。

プロダクトの開発には携わっているけど、仕様について物申せることあんまりないからプロダクトの方向性について議論したことないんだよね。

だから、本来仕様ってそうやって考えるのか〜みたいなフレームワークとか勉強になる

 

件名の正しいものを作れているか、という問いだけど

できてないことがわかっちゃった。

あらら。

アンチパターンですね、これは。

 

感想一言というのはさみしいので続けますね。

 

アジャイル開発と聞いてスクラムマスターとかがいるのは知ってるんだけど、

プロダクトオーナーはプロジェクトの外でプロダクトの番人ってイメージを持っていたんだけど、

この本を読むとプロダクトオーナーがぐいぐいプロジェクトを引っ張る、舵を切るってかんじ

プロジェクトに思ったより寄り添ってるというか、もはや中心。

指揮監督者ってかんじ。

まだ私は実際のプロダクトオーナーを知らないから、どんな人が担当してどんな立ち回りをしているのかすごく気になる。

まあプロダクトオーナーがまわりきらなければ代行を立てれば良いと本にはあった。でもそれにしたって重要な役割。

 

理想的なチームはミッションコマンド的だとかなんとかって書いてあったのも印象的

今の自分はミッションコマンド的かというとがちがちに管理されてるからミッションなんて考えるな言われたことだけやれってかんじの状態なのよね

ミッションコマンド的であるというのはつまりは時々目にする自走できるエンジニアっていうやつなんじゃないかな

ミッション遂行のために足りない技術なども学んで成長するっていうのもありきだもんねー

そうあるべきだし、やっぱりちゃんとミッション考えて仕事したいな。

 

不確実性との向き合い方はまだまだ理解できない

それからチームは一人の人間のようになるっていうのもまだわからん

やることやらないことを明らかにするのとわからないことをわかるようにするのとわかることを正しく作るのは心がける!

 

難しかったけど、面白かった。

今後プロジェクトなりでプロダクトと向き合うときには今回読んだことを役立てられるといいな。

妊娠をしたら仕事を辞めるべきか

最近はてブで見ていたなかに、

妊娠して会社を辞められて困るといったものや妊娠してつわりがつらすぎるから仕事を辞めなければいけない気がする

といったものを見たので自分がどうしたかを書いておく

 

決断を先延ばしする

それだけなんだけど。

 

私もつわり時期は仕事無理だろ、絶対辞めたい!辞める!って思ったんだ

でもつわりで体調が悪くて、気持ちも落ち込んでる状態で辞めるか続けるかの判断をするのは、マイナスな方向にしかならない気がしたから決断は先延ばしにした

 

今は在宅勤務が可能なので在宅勤務で調整できているし、

出勤しているときはつらかったけど休みをとったり、コンビニ行ってカットフルーツ買って食べたりしてた。

 

それから妊娠の報告を上司に伝えたときに、今は何も前向きに考えられないし仕事を続けるべきか悩むけど一時的な考えかもしれないから、辞めるかどうかは今決めないということまで話したと思う。

情緒不安定だから、泣きながらしゃべってた気がする。

 

つわりは一時的なものだし、体調悪いときはネガティブ寄りな考えになりがちで冷静ではないよねー

出産後に同じ仕事がしたいって思った時に、辞めてしまうよりは育休後に戻るほうが楽だし、戻りたくなる可能性はゼロではないし。

あとはお金の話。

出産手当金と育児休業給付金を受け取りたいからだよー

権利だし、今まで仕事がんばってたんだからちゃんともらいたいよね

 

本当に辞めるかどうかは育休明けて、仕事しながら育児してみて仕事するのがどうしても無理ってなってからにしようと思ってる。

時短とか、そういうので色々調整してみてダメなら辞めることになると思う。

子供がどういう環境で育ってほしいかを考えると、生活や家のことや子供との時間を大切にしたくなるかもしれない。

そうなった時に共働きでどこまで時間確保して家事ができるかとか考えるともしかしたら難しいのかな?とか考えちゃう。夫が家事に無頓着なので特に。

なので、安定期が来た今絶対仕事続ける気持ちを持っているかというとまだ迷いがある。

 

雇う側やチームからしたら迷惑な話かもしれないけど、そのために会社っていう組織に属しているわけだし。

今はあんまり気にしない。

コロナ禍はまだ続いてるけど、とりあえず1年分の振り返り

お題「#この1年の変化


f:id:err-n:20210306012432j:image

ブログで振り返りをするのは好きなので、ちょうどいいお題!

この1年をコロナの影響を受けてる時期って認識で、変化があったことを時系列で書くね。

ちなみに1月にも1年を振り返ってました

 

ダイエットと筋トレに目覚める

1度目の緊急事態宣言が出て在宅勤務になって時間ができたのと、病院にも行きづらい雰囲気もあり、健康になるぞ!と気合い入れてダイエットと筋トレを始めたよ。

プロテイン日常的に飲むようになったのもダイエットきっかけ。

そうそう!プロテイン混ぜるのへたすぎて毎回ちゃんと溶けなくてだまだまで気持ち悪かったんだけどハンドブレンダー使うようになって見事に解決されてなめらかーなプロテインが飲めるようになったよ。

プロテインはよく飲んでた時期にマイプロテインで大量に買ったんだけど、ミルクティー味が甘すぎて苦手(人気っぽかったからミルクティーだけで5キロ分買ってた…)

甘すぎるのはコーヒーに混ぜれば大丈夫!って思ってたのに妊娠してカフェインだめになったのでコーヒーじゃダメなんだな…解決策を模索中です。

 

ダイエットは体重的にはそこまで大きな変化はなかったけど、ぴったりだったデニムはゆるゆるになったし、

体型もそれなりに変わったよ。

うれしいねえ。

妊娠したくらいのタイミングまではわりと継続してたけどそこでメンタルがプツっと切れてあらゆるやる気を失って終了したよ。

やる気が戻ってきたときにはお尻から鍛えはじめよう〜お尻をプリっとさせたいからね!

 

 

メコンと出会う

出会い自体?というか興味はその前からあって、自己診断であーだこーだ(私はたぶんイエベ秋〜とか)言っていたんだけど、

好きだったアナリストさんの診断になんとか申し込めてパーソナルカラーと骨格診断、顔タイプ診断を受けたよ。

自分のなかで指針ができてすっきりしたし、不要なものを手放したりできた。

あんまり好きな服着て気合い入れたメイクで出かける機会には恵まれないし、友達に会ったりもしてないのがちょっと残念だよねー。

診断受けた直後は合うって言われた色ばっかり集めてたしNGな色は極端に避けてたんだけど、だんだん自分の好みと合う色と形と折り合いのつけ方がわかってきて今楽しい。

4タイプのパーソナルカラー診断だったから、16タイプでの診断も気になるし、

パーソナルデザインも受けてみたいし、

でも今の状態で満足はしてるからイメコン沼にはそこまでずぶずぶじゃないかんじ。

メコン好きな友達いたら、一緒にあーだこーだおしゃべりしたい。

 

アイメイクにハマる

パーソナルカラー診断と顔タイプ診断で比較的似合いやすいメイクの傾向がわかったのと、マスクの影響によりアイメイクにハマったよ。

メイクの研究してるうちに韓国のインスタグラマーのアイメイクが綺麗なことに気づき、インスタでメイクめちゃめちゃ見てる。

グリッターごてごてにつけてるの見てるとそれだけでなんか楽しい。

自分のアイメイクのレベルはわりとあがったよ。たぶん。

見てやって写真撮って改善点見つけてまた試してっていうPDCAぶんまわしてるから!

アイライナーはルミアグラスが描きやすい。

締め色を、こんなかんじで入れて目を少し横長に見えるようにすると良いかんじになる(これは顔タイプクール的にかな)

f:id:err-n:20210306011524j:image

まつ毛に対してこだわり少なめで見てのとおりやる気のないまつ毛をしてるから、このあたりを今後攻めてみるのもいいかもしれない。

 

仕事のやる気を失う

プロジェクトがなんか停滞中でね、どうにも楽しくないのよ。

そこでどんどん同じプロジェクトから後輩や部下もいなくなる。

在宅勤務でコミュニケーションをとる機会も減ったのもあり、ずっと家にいると家のことが大事になってきて毎日の食事とか家事とかそういうことを仕事が邪魔してるような気さえしてくる。

仕事に対するモチベーションがほんとに下がっちゃってね。子供欲しいことを考えて見動きできずにやめないでいたんだけど。

ま、妊娠でメンタルやられてモチベーション下がるどころかゼロになってつわりの時期は仕事を恨んでさえいたよ。

今はそうね、もう終わり(産休のスタート)が見えてるからちょっとやる気出た。

でも今のプロジェクトどうにもメンバーが苦手でがんばりたいと思えない。

 

妊娠

妊娠しました!

これはなんていうか幼虫が蛹になって成虫になるときに、身体の中どろっどろに溶かすじゃない、そういう感覚。今蛹の状態。

自分が変わるわけではないはずなんだけど、自分も再編されてるような感覚。

もう安定期なので、だいぶ落ち着いたけどね。

これからまた出産に向けていろんな変化があると思うから書けることは書き残したいな。

 

日常の変化

友達と全然会ってないし、

毎年楽しみに過ごしてたイベントはごっそり消えたし、

ときどきそういうのが悲しくなる。

何を楽しみに嫌な思いして仕事をしてるんだっけ…?とか思う。

 

ずーっと家にいる。

家にいるけど在宅勤務するつもりで借りてないから家が狭い。家で仕事をするから家がどうにも居心地悪い。

 

でも夫と過ごしているから、平穏。

時間に余裕はできたね。

料理をゆっくりできるのがいい。

家族との絆は深まった。

 

閉塞感があるし、人に会ったり楽しいことが制限されているかんじはこの1年本当につらかったけど、

家でとことん夫と過ごせたからいい1年だった。

次の1年は子供もいてまた違う1年になる。

 

そこの就活生、SEにならないかい

就活生のみんなー!

SEはどうですか!なってみたいですか?全然興味ないですか?

私は専攻外だったからはじめは全然SEになるつもりなかったけど、気づいたらSEになっていたし、

これからもSEでいたいと思うくらいにはアリだよ。

 

万人におすすめするかというと、そんなことはないし

やっぱり多少は適性もあると思う

まあ、SEって選択肢もないわけじゃないかな…くらいのノリでも読んでもらえたらうれしいよ…

 

 

SEでよかったこと

技術や経験などやってきたことで評価される。

うまくいかないなと思ったら勉強したり努力のしようがある。

評価は上長との相性や配属先でやることがわかりやすく成果出せたり出しにくかったり、

多少は運の要素もあるけど、それでも比較的やってきたことで評価してもらいやすい。

 

あと給料は悪くないはず。

私の年収は同世代の平均や中央値よりは高いし、もっと転職とかがつがつやってたらもっとあがるんだろうと思う。

 

今の自分の状況も踏まえると、これから産休に入るってところなんだけど

育休明け今のプロジェクトにまた呼ばれるかもしれないし必要としてくれるでしょ!っていう安心感もあるし、仕事は比較的楽しいのでこれからも続けたいなって思う

 

SEがあってるところ

志望動機まではいかないけど私にとっての志望動機とか適性みたいなことね

 

何かしらものづくりに携わりたかった

できないことができるようになるとうれしい

こういうのを実現したいってなったとき、どうやったらうまくいくかなーって考えるのが好き

 

接客みたいなエンドユーザと直接のやりとりがしたくない

ルーティンワークが苦手

スーツが好きじゃない(女だからっていうのもあるけど、入社前の面接から今までスーツ着てない)

 

プロジェクトってなんでかうまくいかないんだよねー、どうしたらうまくいくんだろ?ってずっと興味持ってる

 

SEにも色々あるよ

私はSIerでSEをやっていて、

サーバーサイドエンジニアしつつ管理的なことをやってるよ

でも世の中にはSEと言っても色々な職業があるし、会社も色々だよ

SIerっていうのはまあイメージが悪い。

中抜き的なこととか、人売り的なこととか

でもSIerはたくさんあるからいいSIerもあるかもしれない

業界のこと気になったらおすすめの本があるよ。

脱出マニュアルという名だけど、SIerにいる人にとっては自分の場所と周辺のわかりやすい地図ってかんじで私は読めたからSEになりたい人にはおすすめだよ。短くてすぐ読めるよ

 

就活生に言いたいこと

がんばれー!!

まあ私は選考する側ではないので就活に対してはどうしたら内定出るよとか言えないんだけど、

面接で綺麗に失敗せずに受け答えすることはどうでもいいと思ってる。まあ人によってはちゃんと準備してまじめだなーとかプラスになるのかもしれないね。できる準備をちゃんとするのは本気度が見えるだろうし。

 

でもそういう小手先の対策よりは

自分が何が好きで何が苦手で

どんなことならモチベーション上がったり、がんばりたいと思えるか

仕事は自分にとってどういうものであってほしいか

ってところを突き詰めて考えておくと、自分の就活における軸みたいなところが見えてきて、うまくいくと思う

 

過去にも就活にあーだこーだ言ってた

まったく、しょうがないねえ

就活あんまりうまくいかなかったから、気になるんだよね

就活うまくいかなかった恨みつらみが綴られてました

 

少し自分の仕事を肯定しすぎた気がします、

いやなところもたくさんあるし、大好きかと言われるとそんなことはないし、でも他の仕事はしたくないくらいのかんじです

このへんで勘弁してください…