でぐれない

全てのデスマーチを生まれる前に消し去りたい

SIerの憂鬱。実装する時に考えておかなきゃいけないこと。

今の仕事で一通り他人が作ったソースコード見たので、所感と今後のプロジェクトで実装するときのために覚えておきたいこと。

 

・人によって設計書からの仕様の理解度がまちまち

・基本初心者レベルの人は他人のソースコードをコピーする

・実装した人が単体テストをすると真逆に理解してそれをOKにすることがある

カバレッジを通せと言うと、カバレッジだけは通すがなんのチェックもしていない場合もある

 

まず、参画時期も技術レベルも経験もバラバラなので当然仕様に対する理解度は異なる。いちいち全員に説明する余裕はない。

何が必要になるかと言うと仕様を理解できていなくても正しい実装を誘導するような設計書。(なんだ、魔法みたいなもんか)

 

本当に、最初に見本にされてしまう人がしっかりしたソース書いておかないと全員がこける。

あと、ルールをコーディング規約に記載していても実際見てる人いるの?ってレベルで守られていないから、アクションクラス作らせるならそれに沿って必要なルールをピックアップして具体的に伝えるようにしないとだめ。

本当にわけのわからない変数名やメソッド名がいくらでも出てくる。

クラス変数使うなと言っても使ってたりするので、作るときに必要なの整理しておかないと。常識を常識と思ってはいけないんだなーと痛感するところ。

 

テストは実装者がやらないほうがいいかもしれないし、一度本当に実装者が仕様わかってるのか確認するなり何か対策を考えたほうがいい。

結合テストでわかるだろうけど、結合テストまでいっちゃうとエビデンスとって修正してみたいな工程が必要になってきて面倒だから、根本的に違うみたいなのは早めにあぶりだしたい。

 

とりあえず、こんなところかな。