でぐれない

全てのデスマーチを生まれる前に消し去りたい

「自分は全然平気じゃないから」家が居心地悪くなる

家事問題、最近気にしてる。

こういうの見ると悲しくなる。

 

我が家がまさにこれで自分は平気派の夫と、全然平気じゃない派の妻の私。

だって!これ見る限り、平気じゃないことは平気派にとってはエゴということになる。

それにお互い歩み寄る方法が書いてない。

平気派は価値観を押し付けるなと言い、平気じゃない派は諦めるしかない、などと…

わかってくれよって主張が平行線だよねー

 

なんでそうなっちゃうのー!解決したいよー

 

身近な母親に聞いても

人のことあてにするとふりまわされてイライラするだけだからねー、

割り切って自分でやっちゃったほうがいいよ

 

って結局!それかい!!

やだよー、そんなのー

 

夫は多少汚くても平気、一人暮らししていた頃は必要に迫られたら掃除洗濯料理などをやる

本人曰く、たまってからじゃないとやりたくないらしい。見ている限り、いろんなことを気にしない性格含めて家事全般どうでもいいんだろうな。

そんなんだから、友人を部屋に招くと人によってはくしゃみが止まらなくなってたし、

料理しようと思うといつ使ったの?っていう汚れた鍋を洗うところからスタートするし、トイレや風呂場なんかの水場はほんと汚かったから私は見ないようにしてたなあー

 

私は結婚するまで実家でぬくぬく暮らしていたのだけど、母は毎日掃除洗濯料理をしていたし、

料理しても調理器具は用意しながら洗う、食事が終わったらすぐ洗う

っていうのが当たり前だったし、それが快適だった。

父もわりとうるさくて、1日母が掃除をさぼったりすることがあると今日掃除機かけてないなー!とか言っていたので、毎日掃除すべきって価値観が当たり前だった。親戚が集まったりすると叔父さんがホコリたまってるの見つけて冗談で嫌味を言ってたりしたし、キレイ好きが多い家系なのかもしれない。

父親も毎日風呂掃除したり、休みの日には掃除機かけたり掃除に対しては比較的積極的だったから家事の負担に差はあれどみんな協力的ではある家庭だった。

 

そんなわけで実家を出て暮らしはじめたときは、なんとも思っていない夫と家事やらなきゃと焦る私。

全然家事が回らなくて絶望する私。

普通に生活するの難しすぎない?ってなってたが、

当時は忙しかったし家にいることは少なかったので家が多少荒れてもそこまで気にならない、

ごはんはまあ作る暇なければ外食でいい、

洗濯だけは着るものなくならない程度にやればいい

ということで、ストレスないわけではないがそんなに困ることなく過ごせていたよ。

 

家事問題、ストレスフルになったのは二人が在宅勤務になってからだったよ

ずーっと二人で過ごすとそれはそれで息がつまるし、

家汚いとか、家事あれやらなきゃこれやらなきゃ、昼ごはんどうしようと思ったらすぐ今度は夜ご飯どうしようとかずっとぐるぐる考えちゃう

余裕があればやるほうが早いのは確かにそうなんだけど、家いても仕事してるわけで

ちゃんと考えて動く余裕はないんだよ

考えなきゃ、でも仕事仕事…あー汚いな…みたいな状態

結果家にいるだけで、しんどい。

外出自粛。つらい。

 

これが我が家の事情。

 

自分はしなくて平気だから家事しない人は平気だから無害だと思っているようだけど、

家事しない人というか掃除をしない人はあまりきれいにしておく習慣がないから、どんどん散らかす。ささっと片付ける、ということをしない。

家事全般に対しての理解が乏しいから、家事しやすいようにっていう配慮がない。

だから自分は平気だと言って、相手が嫌がる状態を作ってるんだけどな。

 

夫婦で過ごしてるとお互いが機嫌いいのが快適だし、幸せでいられると思うから、うちは協力して家事がんばっていこうと思うよ。

家がどういう状態がいいかをちゃんと伝えなきゃいけないし、どうしてほしいか伝えないといけないね。

それでうまく家事を分担しないとね。

 

まあ、産休育休入ったら一旦は私が家事全般引き受けることになるんだろうけど。

 

平気派と平気じゃない派でもうまくやっていけるようにがんばる。